思考・戦略

起業にアイデアなど不要、技術なんてパクればOK

「新しい発明をしないと起業しても成功できないのでは?」という意見を多々見かけます。

起業経験がない人ほどこういった意見を持っていますが、そこまで難しく考える必要はありません。

 

この記事を書いている僕はネット起業してからもう2年近く経ちます。

こういうのもアレですけど、他人から「成功してるね」と言われるようになるまでにやったことって、本当に大したことないです。

 

世紀の大発明!みたいな経験は一度もありません。

友達に社長がいるからそのコネで…なんておいしい話が舞い込んできたわけじゃありません。

起業するまではどこにでもいるような薄給激務のサラリーマンだったもんですから、貯金もなければ自由に使える時間だってマトモに確保できませんでした。

才能・センス・運なんて論外、オカルト要素に頼る心の余裕すらありませんでした。

 

僕は常に誰かが発明した知識・スキルをパクって生きてきただけです。

 

それでも「この卑怯者め!」と罵るのはまだ早くて、ぶっちゃけこの世に存在する成功者はみ~んな僕と同じタイプです。

 

「成功者の人生をモデリングする」

 

成功とは、これを突き詰めていった結果なんですね。

 

有り余るほどの時間を手に入れたいなら、不労所得生活してる人の人生をパクる。

一生かかっても使い切れないお金を手に入れたいなら、億万長者の人生をパクる。

 

そういう人がすでに存在しているのだから、よく見て聞いて真似ればいいだけです。

世紀の大発明のための苦労なんて1ミリも必要ありません。

 

これは一例ですが、英語を話せるようになりたいなら英語教室に通うよりも外国人と暮らすほうが圧倒的に上達が早いと言われています。

話さなきゃ生活できない!という状況になれば、嫌でも彼らの真似をしなければならなくなるからです。

伝わらなくてもいい、指を刺されて笑われてもいい、話さなきゃやっていけないからとりあえず話してみる。

すると、自然と身に付いてしまう。

これも一種のパクリですよね。

 

英語教室だって同じ、英語が話せる講師の技術をパクりに行くための場所です。

文法や日常会話などを使いこなしている講師の技術をパクれるから、英語教室に通うと英語が話せるようになるんです。

 

料理教室だって同じ、美味しい料理を作れる一流シェフの技術をパクる場所。

トレーニングジムだって同じ、理想の体型の作り方を知っているトレーナーの技術をパクれるから美しい体になれる。

 

これは極論ですが、他人をパクるのがダメなら、一般常識というモノの存在すら危うくなってきます。

箸の持ち方、歯の磨き方、顔の洗い方…それ全部パクリでは?という低レベルな論争に突入してしまいます。

 

人間が人間として暮らしていく以上、パクりなしでは生活すら困難になる、ということです。

 

以上のことを前提として考えれば、起業においても同じことが言えます。

(なんかいいアイデアないかな~)と模索するのが絶対にダメ!ってわけじゃないけど、長い目で見れば無駄になってしまう可能性が高いってこと。

一瞬でいいアイデアがパッと出てこない時点でそれはもう「頭の中が空っぽ」なんだから、10秒考えたって1時間考えたって1日考えたって同じことです。

 

誰だって最初は頭の中は空っぽなんだから、とりあえずパクろう。

 

とりあえずパクって、できることからやる。

 

一般的に成功者と呼んでもらってる僕ですが、蓋を開ければただの技術泥棒でした~というお話。

でも、これが成功に一番近いやり方だなって、身をもって経験したからこそ実感してます。

ABOUT ME
わんどん
わんどん
【職業:カリスマニート】仕事というモノが世界一嫌い。「働きたくねぇなぁ」を実現するため、25歳からたった一人でビジネスを猛勉強。勉強期間3ヶ月足らず・投資総額10万円以下、ネットビジネス開始からわずか1年足らずで”働きたくないサラリーマン”に向けてビジネスを教える側に立つ。ロングスリーパー、最長睡眠記録22.5時間。調味料ジャンキーなので最近は食生活を見直している。