思考・戦略

たくさんお金を稼いでも価値観は変わらない

仕事が忙し過ぎてしんどくてどうしようもない…とぼやく友人。

仕事はSEなので典型的なデスマーチの渦に飲み込まれ土日もフルタイムで仕事。

ウンウンと話を聞いてあげてしまう優しい彼は厄介な上司に依存され、毎夜毎夜飲みに付き合わされて帰らせてもらえない。

 

薄給激務のブラック企業に務めていた過去の僕と重なります…

そこで彼に、アフィリエイトに取り組んでいることを話しました。

こうこうこうして、こうすればビジネスになるよ~と一通り教えたんです。

 

彼は理解力が高いので怪しむ様子はなく納得した様子でしたが、一言。

 

「それって価値観変わっちゃいそう、恐い…」

 

働かずに資産収入を得ることは魅力的で羨ましい、手に入れてみたい。

一方で、ビジネスをやることによって周りと違う価値観が染み付いてしまうことが恐いらしいです。

 

週休7日になったらどうする?

月収が今の5倍になったらどうする?

 

周囲の目が気になる、と言います。

労働は美学!とまで言い切る姿勢の一般人にとっては資産収入なんて意味不明ですからね。

何言われるか分からない、批判や中傷に押し潰されてしまうかも…

人間関係において”同調圧力”って少なからず存在しますから、バッシングを恐れるのは仕方ないことなのかもしれません。

 

恐いか…いや、ウン、分からなくもないけど…

価値観なんて変わっちゃえばいいと思います。

価値観が変わるのが恐い?いいじゃん別にw

アフィリエイトを始めて数年経ちますが、僕は自分の価値観をゴリゴリ塗り替えていってます。

成功者はみんな、他人と違う価値観を徹底して鍛えているからです。

 

自身のブログで「月収○○万円達成しました!!!」と頻繁に報告しているのは、マインド鍛錬に重点を置いているパターンが多いです。

ステージの高い人は、7桁以上の高額なコンサル費用を投じてマインドを鍛えることもあるくらいですよ。

 

スポーツの世界で活躍している一流アスリートたちは、他の選手とマインドが違うからこそオリンピックで金メダルを取れるんです。

東大を卒業して官僚になる人たちは、学生の頃から卓越したマインドを磨くからこそ、民間のサラリーマンとは次元の違う収入を得られるんです。

 

価値観が変われば収入が伸びる、この方程式は確かに存在します。

目先のデメリットよりはるかに魅力的なリターンが望めるんだから、価値観なんてコロッと変えちゃえばいいと思うんですよね。

 

価値観が変わって悪いことはありません。

価値観が変わって不自由したこと、何一つありませんね。

好きな価値観を自分の意志で選べばいい

どうしても価値観を変えたくなければ、変えなければいいんです。

変わりたくないなら、自分の意志で従来の価値観を維持すればいいだけです。

 

どこを変えるか?どこを維持するか?の選択の仕方が重要なんです。

価値観なんて、全振りじゃなくてもいいんです。

 

僕が知っているアフィリエイターは毎日チェーン店の牛丼食ってますよ。

写真たくさん載せて「旅行行ってきました♪」みたいなブログたまに更新してますけど、値段の話はほとんどしません。

美味しいから食べる、楽しいから行く、この部分の価値観はみんなと同じです。

 

人より多くお金を稼げるからって、年がら年中高い飯とか高い宿とかにこだわってるわけじゃない。

自分が美味しいと思ったら、好きなだけ牛丼食べればいい。

楽しみたい!という気持ちを大事にして出掛ければいい。

 

また別の人は、月収ベースで300万円くらいあるみたいですけど、今でもケンタッキーを贅沢品だと思っています。

「一週間食い続けたら5キロ太ったw」とか言ってました。

 

彼もとっても幸せそうです。

ケンタッキーなんて誰でも食べられます。

稼いでる金額なんて関係ありませんよね。

 

何を自分の幸福とするか?だけ気にしてればいいんです。

稼いだら価値観が変わってしまう…とかいう謎の恐怖に怯えても意味ナシ。

 

ポジティブに”新しいことにチャレンジした結果だ”と考えたらどうでしょうか。

従来の生き方と未来の別世界、両方を体験できて得しただけですよ。

 

価値観が変わっても、何も失いません。

むしろ、価値観が変わる=人生の選択肢が増えるということ。

従来の価値観が記憶から消えてしまうわけじゃないです。

好きな方を自分で選べば?ってだけの話。

価値観を変える力がないと成功できない

僕が見てきた中でも、価値観を変えようと思えない人はことごとく成功できないです。

なぜなら大衆は(日本人は特に)常識にハマることを目指して努力しているからです。

 

良い大学を出て、できるだけ大きい会社に入って、バカ長いローンを組んでマイホームを建てて、負債の塊であるマイカーを毎週ピカピカに洗車する…

これこそ自分が子供の頃から達成したいと思っていた夢だ!ってんなら何も言いません。

だけど、自分なりの理想の生き方があるのなら、一般常識は疑ってかかったほうが無難です。

 

一般人と同じ価値観の中で生きていても、一般人にしか成れません。

周りと同じ価値観を尊重すると、苦労して生きることを強いられてしまいます。

 

成功ってつまり、一般人と違う生活を手に入れるってことですよね。

例えば僕の場合は”寝ながら稼いで豊かに暮らす”ってのがビジネススタート当初の夢でした。

↑こ~んな社会不適合な逸脱した夢を実現してる人、身近にいますか?

恐らく日常生活で成功者に出会うことは滅多にないんじゃないかな。

 

周りに合わせて生活しているのに、他人と違う人生を実現できている人がいるのだとしたら、その人はウソをついています。

「テスト勉強してな~い;」とか言いながら本番でめちゃくちゃ高成績残すみたいなノリで、周りに嘘ついてうまく溶け込んで叩かれないようにしてるだけです、絶対。

価値観を変えて成功に近付くには、人間関係を慎重に選ぶべき

価値観が変わることを恐れる必要はありません。

「価値観が変わることを恐れる人たちとの付き合い」を恐れるべきです。

 

大衆の意見に同調するのを辞めてみましょう。

サラリーマンの友達と集まって週末に居酒屋で愚痴言い合っても、何の生産性もありません。

同族と群れて傷を舐め合っても、せいぜい今月のストレスが解消された気になるだけです。

来月にはまた辛く苦しい労働に駆り出されます。

対策をするのではなく、根本的に改善しなければ、生活は絶対に変わりません。

 

他人からの批判なんて無視しましょう。

「なんか怪しいコトやってる!意識高い系キモい!」言わせておけばいいんです。

「お前なんかに成功できるわけがない」右から左に受け流しましょう。

「そういうのって才能がないと無理だからw」無知は罪なり。

他人にやっかむことしかできない人間は、一生成長できない可能性が高いです。

 

生活を変えたいなら、人間関係は自分の意志で選ぶべきです。

自分の成功を邪魔してくる人間なんて、関わる価値は1mmもありません。

 

自分なりの理想の生活を手に入れるために価値観を変える努力をする人が、僕は好きですね。

 

PS.

「類は友を呼ぶ」と言いますがまさにその通り。

人よりお金を稼ぐためにビジネス寄りの価値観を取り入れていくと、同じくお金を稼ぐ能力がある人間たちと関わることができるようになってくるようです。

ビジネス仲間で地方の旅館に集まって、知識を交換し合い指摘し合い、高め合いながら仕事する人たちもいます。

人脈が人脈を呼び、収入の桁が一瞬で増えるレベルの案件をもらって無事達成したビギナーもいます。

前向きなエネルギーを持った人たちばかり。

 

こう見ると、大衆ってめちゃくちゃネガティブですよね。

他人の足引っ張ってないで自分の心配したらいいのに…

ABOUT ME
わんどん
わんどん
【職業:カリスマニート】仕事というモノが世界一嫌い。「働きたくねぇなぁ」を実現するため、25歳からたった一人でビジネスを猛勉強。勉強期間3ヶ月足らず・投資総額10万円以下、ネットビジネス開始からわずか1年足らずで”働きたくないサラリーマン”に向けてビジネスを教える側に立つ。ロングスリーパー、最長睡眠記録22.5時間。調味料ジャンキーなので最近は食生活を見直している。